Enlightenment
弁護士の次の一手を

Articles

弁護士の転職 2022.01.18

弁護士が転職の失敗を避ける方法について

弁護士は比較的転職が多く行われている職種です。しかし,情報収集を怠ってしまうことなどによって転職に失敗している弁護士の方も少なくはありません。本記事では,弁護士の方が転職に失敗してしまう原因を検討するとともに,弁護士の方が転職に成功するための方法を検討します。
ホームページ制作 2022.01.18

弁護士の集客はホームページか?ポータルサイトか?

弁護士の数が増え続けている中,弁護士は集客をどうすれば良いのでしょうか。本記事では「2022年において弁護士が集客のために何をすべきか」について,ポータルサイトへの掲載やホームページの作成などの考えられる集客方法や,そのメリットとデメリットを記載する形で検討します。
弁護士の転職 2022.01.18

【体験談】弁護士の転職に関するブログや記事まとめ

弁護士の方は比較的転職に対する抵抗感が高くなく,短いスパンで転職していく方も多いように思います。本記事では,転職を考えられている弁護士の方の参考になる情報を整理する観点から,実際に転職を経験された弁護士の方の体験談が公開されている記事等をまとめてみました。
弁護士の独立 2022.01.18

弁護士の即独を考えたら参考になるブログ4選

新人弁護士には(i)既存の法律事務所で働くという選択肢の他に(ii)独立して法律事務所を開設するという2つの選択肢があります。即独は,自分の力試しをしたいという人にとっても非常に良い挑戦の機会です。本記事では,即独を考えた弁護士が参考にできるようなブログを紹介します。
ホームページ制作 2022.01.07

弁護士はホームページに専門分野や得意分野を表示できるか?

弁護士がホームページを制作する際に気になることの1つとして、ホームページ上に専門分野や得意分野を表示することが許されるか否かが挙げられるのではないでしょうか。本記事では「弁護士がホームページ上に専門分野や得意分野を表示することができるのか」について考察します。
マーケティング 2022.01.07

弁護士が個人受任の案件数を増やすための集客方法の考察

将来的に独立することを想定している勤務弁護士等にとって鍵になるのが個人受任ではないでしょうか。本記事では、本記事の執筆者が弁護士の方にヒアリングを行った経験を踏まえ、勤務弁護士等の方が個人受任の案件数を増やすために取るべき集客戦略を考察します。
マーケティング 2022.01.07

弁護士がWEBマーケティングに注力すべき時代の到来

弁護士の数が増えている中、法的トラブルを抱えた依頼者が弁護士を探すための方法として、インターネットによる検索が35%を占めているという統計もあります。本記事では、このような背景事情を踏まえ、WEBマーケティングを行う上での注意点等を挙げてみたいと思います。
ホームページ制作 2021.12.05

ホームページがない弁護士|ホームページを持たないと淘汰されるか?

弁護士が増えていく中でホームページがない弁護士の方は、弁護士業を継続することが難しくなってしまうのでしょうか。本記事では「弁護士がホームページを持たない選択が合理的か否か。」を検討した結果について、ホームページ保有のメリットやデメリットにも触れつつ、記載します。
弁護士の独立 2021.12.05

失敗の原因|弁護士の独立が失敗する理由は何か?

独立を考えた弁護士の方が一番気になるのが、独立が失敗するリスクではないでしょうか。弁護士の数が増加傾向にあると報じられているなか、弁護士の方が独立に失敗する可能性も否定できません。本記事では、弁護士の方が独立に失敗する原因について、日本弁護士連合会が公開している資料などを基に検討します。
ホームページ制作 2021.12.05

弁護士の広告規制とホームページ制作時の留意点について

弁護士の方がホームページを制作する上では、日本弁護士連合会が策定した弁護士等の業務広告に関する規程における広告規制に注意する必要があります。本記事では、弁護士の方がホームページを制作する上で注意すべきこちらの広告規制を解説します。
タイトルとURLをコピーしました